両国駅前内科・透析クリニックはJR総武線両国駅のホームから目の前に見える身近な病院です

問い合わせ
メニュー
診療案内診療案内

透析療法とは

慢性腎不全は糖尿病性腎症などが進行し、慢性の腎臓病などが徐々に悪化して腎臓の働きが清浄の30%以下に低下した状態をいいます。残念ながら、現在慢性腎不全を治療する有効な方法がなく、症状の進行によっては人工透析か腎臓移植どちらかの治療が必要となります。

透析療法とは、末期の腎不全によって腎臓機能が正常に働かず、体内の血液を腎臓に代わり人工的に浄化する方法のことをいいます。
この透析療法には2種類の方法があり、血液透析と腹膜透析といわれているものです。

血液透析とは、専用の機械に血液を循環させます。ポンプを使いダイアライザーと呼ばれる専用の透析器に血液を送り、浄化後、再び血液を体の中に戻します。
近年のダイアライザーとは中空繊維型となり、約1万本の繊維管が浄化を行います。繊維管の1本は直径0.2~0.3ミリといった極細の管ですが、そこにミクロの穴(ポア)が多数あいており、周囲に流れる透析液と水分の移動、老廃物や電解質の交換を行うことで浄化された血液を体内に戻すことが可能となります。

腹膜透析というものは、専用の機械ではなくご自分の腹膜を使用して血液を浄化させる方法です。腹膜とは、胃や腸などの臓器を覆っている薄い膜のことをいいますが、透析膜として使用することで血液を浄化することが可能です。ただし、手術などで専用のカテーテルを体内に設置させる必要があるため、衛生面等のケアが必要になります。

注:糖尿病性腎症とは糖尿病の3大合併症で(腎症・網膜症・末梢神経障害)の一つです。糖尿病が原因で血糖値の高い状態が長く続き、全身の動脈硬化が進行し始めます。その結果、毛細血管のかたまりである腎臓でも細かな血管が壊れ、老廃物をろ過することができなくなる病気です。近年糖尿病性腎症は増加傾向で慢性腎不全の原因の第1位です。

page top