両国駅前内科・透析クリニックはJR総武線両国駅のホームから目の前に見える身近な病院です

お電話でのお問合せ

tel
問い合わせ
メニュー
診療案内診療案内

脳梗塞

動脈硬化が原因で起こる脳梗塞は、発症すると身体機能にさまざまな障害を及ぼすため、早期検査と治療が欠かせません。生活習慣病内科を設ける両国駅前内科・透析クリニックでは、脳梗塞の検査や診断も行っています。

脳梗塞とはどんな症状の病気か、なぜ起こるのかについて、以下でご説明します。

脳梗塞とは

脳梗塞とは、脳の血管が血栓によって詰まり、閉塞する病気です

血管が完全に詰まったことで血液供給が受けられなくなった脳細胞は、栄養成分と酸素の不足によって壊死します。脳が身体機能の司令塔としての役割を果たせなくなった結果、言語障害や手足のしびれといった症状が起きるのです。
脳梗塞は、ある日突然発症することが多い脳卒中です。進行のスピードが早いため、症状が現れたらすぐに救急車を呼び、医療機関で検査と治療を受けることが望まれます
酸素不足になった脳は大きなダメージを受けており、早急に血液の流れをよくするための処置が必要なのです。

脳梗塞の種類

脳梗塞は、詰まった血管の太さや原因によって3つのタイプに分けられます。

ラクナ梗塞

脳血管のうち、細いほうの動脈が高血圧などで詰まりを起こし、脳機能に障害を加える脳梗塞で、日本人でもっとも多いタイプといわれます

ラクナとは、「小さなくぼみ」という意味。
動脈が高血圧によってダメージを受けながらも破れずにいる一方、少しずつ詰まって小さな梗塞を起こすところに特徴があります。梗塞部分が小さい段階では、症状が現れにくいものの、この状態でもゆっくり確実に血液の硬化は進行していきます。

アテローム血栓性梗塞

脳血管のうち、比較的太いほうの動脈が詰まって起こる脳梗塞です。

血栓ができてアテロームとなった血液は、血管を狭め、血栓をはがしたり詰まらせたりすることで血流を悪化させます。
欧米人に多いタイプの脳梗塞ですが、近年は日本でも増加傾向にあります。

心原性脳梗塞症

心原性脳梗塞症は、心臓の動脈や頚動脈にできた血栓が血液にのり、脳の動脈まで運ばれて詰まらせてしまうタイプです。

心臓の機能がおとろえると、心臓血管の流れが悪くなって血栓が生まれ、脳梗塞につながるケースがあります。
心房細動(不整脈)を患われている方は心臓血管に血栓ができやすいため、注意が必要です。

脳梗塞の原因

脳の血管が詰まってしまう原因の多くは、動脈硬化にあります。血管の内壁に蓄積されたコレステロールなどの不純物が、血液を硬化させ、血流の悪化を招くのです。

動脈硬化は突然発症するというより、高血圧や高脂血症、不整脈といった血管トラブルが積み重なって生まれた血管障害といえます。 これらの病気もまた、乱れた食生活や飲酒、喫煙、ストレスなど生活習慣のなかにその因子が潜んでいます。そのため、脳梗塞とそれを引き起こす動脈硬化は生活習慣病ともいえるのです。

脳梗塞の症状

脳梗塞がどのような症状をともなう病気か、きちんと知ることが重要です。具体的な症状を把握しておくことで、早期発見・早期治療につながります。以下は、脳梗塞で起きやすい症状の例です。

 

  • ・言葉がなかなか出てこなくなった
  • ・フラフラするなど、歩行障害が現れた
  • ・片方の手足がしびれるようになった
  • ・手足に力が入らなくなった
  • ・ベッドから立ち上がるとき、めまいがする
  • ・吐き気や嘔吐を繰り返すようになった
  • ・片方の目が見えなくなった

 

脳梗塞の症状として多いのが、左右いずれかの半身に力が入らなくなる運動麻痺、および言語障害です
手足のしびれが急に起きて、同じ側の顔にまで麻痺が及ぶ場合は、脳梗塞の疑いが濃厚です。
早急に専門科のある病院を受診して必要な検査を受けてください。

脳梗塞といえば、「ある日突然意識を失って倒れる」というイメージがあり、実際にそうしたケースで病院に運ばれる方もいます。
しかし、脳梗塞の発症には予兆があり、小さな体調の変化に気付くことで、症状の進行を防げます

顔や腕の麻痺、あるいは言葉が急に出なくなったなどの症状が起きた場合、たとえ落ち着いたとしても病院で診てもらうようにしてください。

脳梗塞の治療方法

脳梗塞と診断されると、以下の治療方法で改善を試みます。

t-PA治療

t-PA(組織型プラスミノーゲン・アクティベータ)と呼ばれる薬剤を使う点滴治療です。

発症4.5時間以内であれば、安全に利用が可能です。これには、脳血管にこびりついた血栓を溶かす効果が期待できます。もっとも有効性が高く、国内外問わず多くの脳梗塞患者さんに使用されている治療方法です。

血管内治療

t-PA治療で効果が期待できない場合に使用されるのが、血管内治療です。

脳梗塞を起こしてまだ時間の浅い患者さんに限定されます。カテーテルを使って血管内の血栓を取り除く方法で、発症早期ほど高い治療効果を発揮します。

動脈内血栓溶解療法

カテーテルを通して血栓溶解薬を注入する治療方法です。

軽度の脳梗塞で、発症6時間以内の患者さんに限り、有効とされます

抗血栓療法

アスピリンやクロピドグレル、シロスタゾールなどの抗血小板薬を用いて血液の硬化を解消する治療方法です。心臓病が原因の脳梗塞では、ワルファリンやリバーロキサバンなどの抗凝固薬を使い、症状の進行を食い止めます。

page top