両国駅前内科・透析クリニックはJR総武線両国駅のホームから目の前に見える身近な病院です

お電話でのお問合せ

tel
問い合わせ
メニュー
診療案内診療案内

肺がん

喫煙者の方にとって、肺がんは警戒しなければならない疾患です。また、受動喫煙、アスベスト、ホルモンバランスなどの要因も考えられ、非喫煙者の方にとっても肺がんの可能性は無視できません。

両国駅前内科・透析クリニックが、肺がんの概要や症状、主な治療法についてお話します。

肺がんとは

肺がんは、気管支や肺胞など肺の一部分に発症するがんの総称です

発症する部位やがん細胞の形状によって、以下の4種類に分けられます。

腺癌

腺癌は肺の奥、気管支が枝分かれした先にできやすい肺がんです。

唾液腺や胃腺の腺組織と形状が似ていることからこの名が付けられています。非喫煙者に発症する肺がんの多くは腺癌です。

扁平上皮癌

扁平上皮癌は気管支が枝分かれして程ない、肺の入り口付近にできることが多い肺がんです。

がん細胞の形状は、皮膚や粘膜をおおう扁平上皮の組織形状に似ています。タバコの煙を代表的な原因として発症します

大細胞癌

肺の奥にできやすく、がん細胞が大きい肺がんは「大細胞癌」と呼称されています。

がん細胞に形状的な特徴は特にありません。肺がん全体における発症割合は少ないものの、増殖が速いため注意が必要です

小細胞癌

小細胞癌はがん細胞が小さい肺がんです。

多くの場合、肺の入り口部に発症します。喫煙者の発症ケースが多く、増殖・転移が速いのが特徴です

肺がんの症状

肺がんに特有の症状はなく、進行度や転移先によって症状が変わってきます。早期の肺がんでは、自覚できる症状はほとんどありません。 進行してくると、せきやたん、呼吸が困難になるなど呼吸器系疾患で一般的な症状が現れます。

また、肺がんの発症箇所によっては、神経の圧迫による肩・腕の痛みが起きることもあります。 上述した呼吸器系の症状が一般的である一方、転移の速さによっては転移場所の症状が呼吸器の症状よりも先に出るケースがあります。

骨に転移した場合は、転移場所に痛みを感じます。
脳に転移すると、頭痛やめまい、吐き気が慢性的になってしまうことも少なくありません。

肺がんの治療法

肺がんの治療法として一般的な例をご紹介します。

外科療法

肺から癌の発症部を取り除くためには外科療法が選ばれます。

極めて高い効果が期待できる方法ですが、切除する範囲の大きさによっては術後の体に負担がかかるため慎重に選択しなければなりません。体力や年齢によっては、外科療法によって状態が悪化してしまうことも考えられます。

放射線療法

がん細胞にダメージを与え症状を和らげるために、放射線が使用されます。

後述する薬物療法と併用されることもあります。

薬物療法

肺がん治療では、抗がん剤の使用も一般的です。

とりわけ小細胞肺癌では、転移を防ぐ目的で抗がん剤が使用されます。

page top