両国駅前内科・透析クリニックはJR総武線両国駅のホームから目の前に見える身近な病院です

お電話でのお問合せ

tel
問い合わせ
メニュー
診療案内診療案内

C型肝炎関連腎炎

腎臓と肝臓は密接に関わり合っている臓器です。C型肝炎に感染した場合、腎臓にも悪影響があります。これが「C型肝炎関連腎炎」と呼ばれるケースです。日本にはおよそ150万人のC型肝炎キャリアが存在すると言われています。C型肝炎によって腎炎が起こってしまうメカニズムを知っておきましょう。両国駅前内科・透析クリニックの腎臓内科がC型肝炎関連腎炎の概要や症状、スタンダードな治療法など基本的な情報をお伝えします。

C型肝炎関連腎炎とは

C型肝炎関連腎炎とは、C型肝炎の影響により発症する腎炎です。「C型肝炎ウイルス関連腎症」「HCV関連腎症」などとも呼ばれます。

C型肝炎ウイルスは血液を媒介として感染します。腎臓は血液から老廃物を除去し、尿へと変える役割を担っています。C型肝炎ウイルスに感染した血液が腎臓を通過すると、当然腎臓も悪影響を受けるのです。

主なC型肝炎の感染原因は、血液が付着した日用品の共用です。すでにC型肝炎ウイルスのキャリアになっている方の血液が付いたカミソリや歯ブラシを未感染の方が使用すると、感染が広がる可能性があります。また、ごくまれながら性交渉よる感染や母子感染の例もあります。

注射器の使い回しでも感染するため、覚せい剤や麻薬などを複数人で注射した際に感染したケースもあります。病院での注射や血液透析など医療行為で感染することもありますが、感染症予防の取り組みが厳しく実施されている日本の医療現場で起きることは極めてまれです。

C型肝炎関連腎炎の症状

腎炎にはいくつかの種類がありますが、C型肝炎によって引き起こされることが多いのは「膜性増殖性糸球体腎炎」です。

代表的な症状として「ネフローゼ症候群」が挙げられます。尿の泡立ちがこの状態のサインです。また、血中の水分量を調整する「アルブミン」という物質が排出されてしまうことから体内に水分がたまり、むくみ体重増加が起こります。また、血尿が出る例も確認されています。

腎機能が低下して腎不全が進行すると、透析治療が必要です。さらに、高リスクな脳梗塞・心不全といった疾患のリスクも高まります。

C型肝炎関連腎炎の治療法

C型肝炎関連腎炎の治療は、原疾患の治療に加え免疫抑制剤を使用することがあります。
従来のインターフェロン治療とは全く別の、インターフェロンを使わない内服薬も開発され、現在治療に用いられており注目されています。

page top