両国駅前内科・透析クリニックはJR総武線両国駅のホームから目の前に見える身近な病院です

お電話でのお問合せ

tel
問い合わせ
メニュー
診療案内診療案内

SLE

難病指定されている「SLE」という病気をご存じでしょうか。日本にはおよそ6~10万人のSLE患者がいると考えられています。今回ご紹介するような症状に心当たりがある方は、両国駅前内科・透析クリニックの腎臓内科にご相談ください。

SLEとは

SLEとは「Systemic Lupus Erythematosus」の略であり、日本語では「全身性エリテマトーデス」と呼ばれます。「エリテマトーデス(Erythematosus)」は、「赤い湿疹が生じる病気」という意味の言葉です。「Systemic」には「全身」、「Lupus」にはラテン語で「オオカミ」という意味があります。「オオカミにかまれたような赤い湿疹できる全身の病気」という疾患の内容から、SLEという名前が付けられています。特定疾患(難病)に指定されている病気です。

SLEの発症に特定の環境が起因しているという明確な証拠は見つかっていません。男性と比較すると圧倒的に女性の発症者が目立っています。とりわけ20~40歳の女性による発症例が多いようです。

症例の確認以降、原因の究明が医学界で続けられていますが、現状でははっきりとした原因はわかっていません。一方で、遺伝的要因や性ホルモン、薬物や紫外線といった要因が影響し合うことで発症するという可能性が示唆されています。また、病状を悪化させる要素として、紫外線・ケガ・ウイルス感染・妊娠・出産などがあげられます。

SLEの症状

SLEでも最も特徴的な症状は、赤い発疹です。とりわけ頰にできる発疹は、SLEを象徴する症状として知られています。蝶が羽を広げているような発疹の形状から、通称「バタフライ・ラッシュ」と呼ばれています。

発熱・倦怠感・食欲不振といった全身症状、手・肘・膝などに起きる関節炎、口の奥にできる口内炎、強力な紫外線を浴びた際に発熱・水ぶくれが起きる「日光過敏症」なども代表的な症状です。一方で、これらの症状がすべての発症者に現れるわけではありません。症状には個人差があります

重度の症例では、臓器障害も確認されています。こちらも、人によって障害が起きる臓器が違います。腎臓に障害が起きた場合、血液異常・心病変など重大な問題につながることもあるため大変危険です。

SLEの治療法

SLEの症状は、人間が体内に有している免疫が、自分自身を攻撃してしまうことにより起こります。そのため、治療では免疫系の働きを抑える薬物の使用が一般的です。通常、ステロイド剤が用いられますが、効果が得られない場合、または副作用が懸念される場合には別の免疫抑制剤が使用されます。

page top